遍路コースを見る


四国遍路へのお誘い…

四国霊場88ヶ所は、弘仁6年(815年)弘法大師42才のとき開かれたといわれており、阿波の国を“発心の道場”と言い23ヶ寺、土佐の国を“修行の道場”で16ヶ寺、伊予の国を“菩薩の道場”で26ヶ寺、讃岐の国は“涅槃の道場”で23ヶ寺、あわせて88ヶ寺となり、全行程は四国四県亘り約1,450キロに及びます。

この88ヶ所は四国の山野に開かれた“心と体”の修行の道場であり、巡拝することによって88の功徳を積むことができるといいます。四国遍路の風習は1180年の昔から伝わり大師は一本の金剛杖によって、常に遍路を見守り、あるときはとがめ、あるときは救いの手を差しのべて、88ヶ所の結願に導いていかれます。

……さぁ………ご一緒にまいりましょう……

風光明媚な大自然と、きめ細かく温かい人情ににふれて、健康でしあわせな心を育てましょう。
快適なバスの旅、ベテラン乗務員がお供します。


琴参観光からのお知らせ